クラブについて

トーストマスターズクラブって何?

トーストマスターズとはアメリカに本部を持つ、リーダーシップとスピーチ能力の向上を目的とする
非営利の団体です。
1924年スメドレー博士により、最初のクラブがアメリカ・カリフォルニアに設立されました。
その後その趣旨に賛同する人々により、クラブ数は増え続けました。
認定言語としては、英語、フランス語、スペイン語、日本語などがあります。

どの位の会員がいるの?

1924年に設立以来、全世界に約9,300のクラブがあり、195,000人のメンバーが活動しています。
日本では、1954年に紹介され、現在は約70のクラブ、2000人の会員が活動しています。
日本の大部分のクラブは英語で活動を行っていますが、幾つかのクラブはバイリンガル(英語と日本語)
または日本語で活動をしています。
トーストマスターズクラブは人種、国籍を問わず18歳以上の方ならどなたでも参加できます。

現在はまトーストマスターズクラブには20代から60代までのメンバーが活動しています。
職業は、会社員、自営業、主婦など様々です。
職業を超えて人と人との楽しい交流のできるクラブです。

どのような活動をしているの?

マニュアルに沿って、会員がお互いに助言し合いながら、
スピーチ・プレゼンテーション・
コミュニケーションの能力、技術を磨きます。
また、例会の司会を行ったり、クラブの役員になってクラブの運営、ミーティングなどの活動の中で、
リーダーシップ能力を向上させることも目的としています。

怪しい団体ではないの?

トーストマスタークラブは、押し売り、宗教、政治団体とは、一切、関わりはありません。
ご安心下さい。

会員になれば、どんなメリットがあるの?

・例会に参加して、スピーチやその論評などを行うことができます。
・定期的に他のクラブとの合同例会に参加して、交流を深めることができます。
・クラブの中で選ばれれば、スピーチコンテストに参加することができます。

関内トーストマスターズクラブの歴史

関内クラブの活動等について

関内トーストマスターズクラブは、1991年11月に設立されました。
日本のトーストマスターズクラブの中では、どちらかというと
長い歴史を持つクラブといえるでしょう。

関内トーストマスターズでの活動を経験された方の中には、
現在、プロの話し方講座の先生として活躍されている方も
いらっしゃいます。

当初は、今のようにインターネットが発達していませんでしたので、
横浜という恵まれた地に設立されたにもかかわらず、
会員は思うように集まりませんでした。

その後、インターネットが目覚しく普及したおかげで、
一時期、会員数はかなり多くなりました。

最近では、会員数に増減はあるものの、ベテラン会員とフレッシュ会員が、
一緒に楽しく活動しています。

広告