4月21日関内トーストマスターズクラブ第374回例会

横浜フロンティアのKSさんをゲストに迎えて、少人数による特別例会を行いました。
YSさんによるボイストレーニングのセッションでは、演劇で使用するシナリオを使用し、言葉一つ一つを明確に発することが意識されて良い練習となりました。
SSさんによる論評のワークショップでは、スピーカーと論評者による個人間のやりとり
の重要性について学びました。
テーブルトピックスでは、論評も行い、普段見落としていたトピックスの基本を再確認できました。最後にJNさんによるビートルズメドレーとトーストマスターズにちなんだコミックソングの弾き語り演奏がありました。少人数でもこの日の熱気はいつも以上でした。
広告

4月7日関内トーストマスターズクラブ第373回例会

神奈川TMCのSMさんがご本人のクラブが中止になった
合間をぬっていらっしゃいました。TKさんが
最近訪問なさったポルトガルの田舎の良さについて
お話しになりました。
YNさんの準備スピーチは、アルコールとたばことギャンブルに共通した
中毒症の害についてでした。身近な人やご自身の経験を交えた
整理されていて、わかりやすいスピーチでした。
テーブルトピックスはSSさんの周りに聞こえる話題から挙げられたテーマで
行われました。以下がその詳細です。( )内は質問の概略とスピーカーです。
(何歳くらいに見られるか、KN)仕事と顔のしわの相関について情報を
知らせてくださいました。(カジノができたら行くか、SM)大人の社交場の楽しみ方
を学ぶ良い経験となることを理由に行ってみたいそうです。(自分を漢字一時で表すと、KM)
音楽が好きだという理由で「音」を選んでお話しになりました。(悪天候の日にひきこもらずに
外出するときの心がけ、JN)散歩が与える精神を刺激する効果を強調して説得してくださいました。
(自分が元気になれること、TK)本屋に行くことと女性誌についている付録を見ることを
楽しみにしているとお話しになりました。

3月17日関内トーストマスターズクラブ第372回例会

本日はYさんから季節にちなんだ「言祝ぐ」という言葉を紹介してもらいました。

【テーブルトピックスの部】
1、卒業にまつわる思い出→A木さん
2、同じく卒業にまつわる思い出→A藤さん
3、年初に立てた目標→I原さん
4、同じく年初に立てた目標→S野さん
5、日付にちなんで新しい記念日を考案してください→Sさん
6、謝罪会見をしてください→S井さん

【準備スピーチの部】
1、題名「マイホーム」スピーカーM井さん
上級マニュアル「説得力のあるスピーチ」#2訪問販売を攻略する
お客さん役にK野さんを派遣社員で子供2人の設定で起用しマイホームの訪問販売の練習をしました。数字の設定等、きめ細やかに計算されたロールプレイでした。
2、スピーカーH澤さん
今季、すでにエリアコンテストを勝ち抜いたH澤さんが次のステージに向け練習しました。
コンテストスピーチのため題名と詳細な内容の公開を控えます

【論評の部】
1、A木さんによるM井さんへの論評
「将来的」にという言葉を使ったことで、末永く付き合っていく意志が伝わり信頼できる営業だと感じると思った。「でも」という言葉がネガティブに取られる場合があるので「ちなみに」など別の言い方に換えた方がいいと思った。
2、JさんによるH澤さんへの論評
コンテストスピーチのため内容の公開を控えます