2月3日関内トーストマスターズクラブ第369回例会

今日の言葉は初の挑戦となるKさんが担当。今日は節分ということで、恵方から福を呼び込む、という願いを込めて「幸せ」を選びました。
この言葉に象徴されるよう、いつも元気でポジティブなC会長の力強い開会宣言により始まった例会は終始笑いの絶えない、「幸せ」なものとなりました。
【テーブルトピックスの部】
テーブルトピックスマスターは、Sさん。今が旬の話題冬季オリンピックがテーマ。
1、今期2回目のクラブ訪問に来てくれたTディレクターが、スキージャンプの魅力について、語ってくれました。
2、神奈川TMCのHさんが、スノボーの先生についたり、一生懸命練習することで、うまくなって楽しくなったという体験をスピーチしてくれました。
3、北国育ちでスキーには慣れ親しんできたというKさんでもスキージャンプの高さについては、想像が絶するものがあるというお話をしてくれました。
4、今までの冬季オリンピックで最も印象に残った選手は?という質問に対し、まったく誰も思いつかなかった私Jはフィギュアの本田三姉妹の裕福さがうらやましいなどといった貧乏人根性丸出しの意見を述べさせていただきました。
5、プレゼンテーションTMCのSさんが板門店に旅行した際の緊迫した経験をお話してくれました。

【準備スピーチの部】
1、Aさん「仕事と学業に共通していたこと」
アイスブレーカーとして、大学受験から、就職・転職において経験した苦労と葛藤の中から、今まで回り道をしてきたけれどもどれも無駄ではなく、今後の人生において役に立ってくれるであろうという前向きなスピーチをしてくださいました。
2、Mさん「夜空ノムコウ」
最近、演劇を始めたという神奈川TMCのMさんが、従来のスピーチの枠にとらわれない若者のエネルギーのやり場のなさをうまく象徴的な言葉の選択など詩的な表現によって、謳いあげてくれました。関内TMCのスピーチの歴史に新たな息吹を吹き込んでくれました。

【論評の部】
1、TさんによるAさんへの論評
基本がしっかりできていてスムーズに今までの人生を語れていた。もう少し立ち位置を変えたり、ドラマチックに変化を表現するような工夫がほしかったという改善点が提案されました。
2、YさんによるMさんへの論評
歌で入るというツカミがよかった。独特の表現方法や語り口でよかったが、もう少し動きがあったほうが良かった。

【表彰の部】
準備スピーチ:Mさん
論評1位:該当なし
テーブルトピックス1位:J
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中