人前でもっと堂々と話したい。 話す力を鍛えたい。あがり症を改善したい。

注目

○PIC_2784

トーストマスターズとは、スピーチのトレーニングを主な目的とした、非営利教育団体です。話上手・聴き上手を目標にスピーチや論評などで実践的な練習を重ねていきます。

 

トーストマスターズで得られること。

それは考える力を磨くことで、人前で話すことへの自信を掴んでいくことかできます。

関内トーストマスターズクラブは第一・第三土曜日の18:00~20:00なか区民活動センター 研修室1で開催いたします。

まずは無料の見学へ。
 申し込みページにジャンプ

【基本情報】

第1・第3土曜日、18:00~20:00例会開催
入会金3000円、月会費1000円 続きを読む

広告

8月18日関内トーストマスターズクラブ第377例会

今回の例会の一番のニュースは、お二人のゲストが入会の表明をしてくれたことでした。
お二人が目標を実現できるようみなさんで協力していきましょう。
この日は幸運にも、ディヴィジョンガバナーのMRさんのコンテストスピーチが聞けたことでした。ボーカルバラエティが素晴らしく、ご自身の経験をもとに自己開示の大切さを説く
楽しいスピーチでした。
また、トピックマスターのCNさんがご自分のきれいな
夏に関する写真を使って質問をしてくれたことで、各スピーカーがスピーチの発想を
広げることができました。そのおかげか、初心者のTSさんが夏バテの対策についての
スピーチで初めてベストテーブルトピックス賞を受賞しました。

7月21日関内トーストマスターズクラブ第376例会

関内クラブとしては大人数の会員の出席があり活気に満ちていました。

川崎TMCのSKさんが大学生向けに年度初めの授業を行う前提で、生化学という目新しい科目の面白さを説明してくれました。大学生にも退屈することなく聞いてもらえそうなお話でした。それから、JNさんが関内クラブのコーチとして貢献してくれたことに対する賞を受けたという前提で受賞スピーチをしてくれました。ユーモアを交えて関内クラブの常連にまでなった経緯を暖かく語ってくれました。

クラブを絶えず支えてくれるJNさんに感謝します。最後に総合論評のSSさんが発表をし忘れた特別賞についての報告です。ある方からの電話の呼び出しがあったときに公園でドーナツを召し上がっていたという情景がかわいらしく感じられたことから、YSさんにかわいいで賞が贈られるとのことです

6月16日関内トーストマスターズクラブ第376例会

武蔵小杉のHGさんと秋葉原のKTを迎えて行いました。
YSさんによるテーブルトピックスはレコードやCDの思い出に関するテーマでした。KTさんは初めて買ったとんねるずのCDシングルについて、JNさんは見直されているされているレコードの良さについて、そして、SKさんは好きだった斉藤由貴のレコードについてお話しになりました。
YSさんが中古店で購入した年代物のCDやレコードを持参されたことで、みなさんが懐かしさを共有でき、各スピーカーがスピーチの着想を得られました。
CKさんは、準備スピーチで関内クラブのメンバーが楽しむことができる活動について話してくれました。
カラオケ屋さんで貸衣装を着てキャラクターになりきりスピーチをするという提案でした。楽しさが感じられると同時に、すぐにでも実行できそうな具体的なお話でした。衣装を着ることには違った自分を演出し、殻をやぶることができるという効用があるとわかりました。
KTさんには、関内クラブの例会管理システムでお世話になりました。